TOP骨盤調整法 バラコンバンド療法
診療日時 料金アクセスお得な情報
プロフィール患者様の声自然良能会支部一覧 リンク集
骨盤調整法 ・ 自然良能会について


骨盤調整法とは?
 骨盤(仙腸関節)を中心とした全身の骨格の狂いを調整する療法です。
自然良能会創立者・故五味雅吉先生(1912~1998)が長年の研究・実践の後に、体系化し、提唱したものが「骨盤調整法」です。

 体が歪んでいると 「どこかしらの調子がわるい」、「何か体に悪いことが起きそうだ」というようなことは、みなさんよくご存じだと思います。実際に体が歪んでいる人は、痛みやシビレなど気になる部位だけが歪んでいるわけではなく、体全体にその歪みが広がっているのです。

 骨盤調整法では、これらの歪みの根本は人体の土台である骨盤(正確には仙腸関節)の狂いに起因していると考えています。
 人体を家屋に例えるならば、骨盤は土台であり脊柱(背骨)は柱であるといえます。仮に、土台が傾けば(歪めば)その上にのっている柱も傾いて(歪んで)しまいます。これでは、家屋(体)はガタガタになってしまします。
 人体に話をもどせば、骨盤が歪めば、脊柱も歪むこととなります。人間の脊柱は一本の棒ではなく、ブロック状の骨の集合体ですから、脊柱はS字状に歪むことになります。脊柱が歪めば、脊柱に接合している肋骨や肩・腕の骨などにも狂いが生じます。下半身に目を向ければ、骨盤が歪んでいるので、当然足の骨にも狂いが生じることとなり、こうして全身の骨格に狂いが伝播してゆくのです。

 骨格の狂いは、骨の問題だけに留まらず、骨格に接続している筋肉や靭帯をも委縮・硬直させることになります。筋肉や靭帯などの軟部組織の委縮・硬直は、その周辺の血液循環を阻害し、神経の圧迫なども引き起こすことになります。血液循環不全や神経の圧迫が起これば、神経障害、神経痛、神経麻痺などが発現し、その後血液不足部位や神経の分布領域の内臓にも影響することとなり、思わぬ病気を引き起こす恐れが高まります。

 骨盤(仙腸関節)の変位が、脊柱を始めとした全身の骨格を歪め、筋肉・靭帯の委縮・硬直、血液循環不全、神経の圧迫などを引き起こし、全身に様々な症状を発現させることがおわかりいただけたと思います。

 「骨盤調整法」は、これらの理論をふまえ、骨盤(仙腸関節)を中心に、脊柱(背骨)をはじめ全身の歪みを正し、筋肉や靭帯をゆるめ、全身の血液循環を旺盛にするのです。血液循環が良くなれば、さらに筋肉や靭帯がゆるみ、神経の圧迫なども解放されるので、楽になってゆくのです。こうなれば自然治癒力(自然良能力)により症状はどんどん改善されてゆくことになります。





自然良能会とは?

 昭和40年に故五味雅吉先生(初代会長)により、「骨盤調整法」の発展、普及および人々の健康と社会福祉の増進に貢献することを目的に設立された団体です。
 現在は、2代目会長の五味勝先生を中心に、国内外50の支部(09.8現在)があります。

 自然良能とは、現在一般的に使われている言葉に置き換えると自然治癒力のことを指しますが、江戸時代の蘭方医学者が使っていた言葉に由来するそうです。






TOP骨盤調整法 バラコンバンド療法
診療日時 料金アクセスお得な情報
プロフィール患者様の声自然良能会支部一覧 リンク集
 
1